代表メッセージ MESSAGE

株式会社UNICO

代表取締役社長 兼 CEO

若生 哲史

目指すはUNICOに関わるすべての人が幸せになること

当社の企業理念は「UNICOに関わるすべての人が幸せになること」というものです。 幸せは連鎖していくものです。UNICOの社員が幸せになれば、社員に関わる人々―例えば 社員の家族、例えばお客様、例えばパートナー企業―も幸せになっていくと、私は考えています。そのためにも、社員一人ひとりが人間的に成長し、周囲に感謝できる心を育てるための土壌づくりをしていきます。それが、UNICOが幸せの輪をつくる企業であり続けることにつながると信じているからです。

UNICO独自の強みを活かし、時代に応じて成長し続ける

UNICOは1986年の創業以来「グローブボックス」と「ガス循環精製装置」という研究機関様向けの専門機器を製造しているメーカーです。これからもこの2つの製品を軸に事業を展開していきますが、その一方で、これまでに培った技術を活かし、新たな製品開発のご要望をいただくことも増えており、世の中が我々に求めるものが、時代ごとに多様化してきていることも実感しています。

我々の強みは、長年に渡って磨き続けてきた「技術開発力」、お客様のご要望に迅速にお応えする「スピード」と「対応力」です。こうした強みを下支えするのが「チームワーク」です。技術を向上させるためにも、スピードや対応力に磨きをかけるためにも、社員同士が日常的にコミュニケーションを取り、お互いの長所・短所を理解した上でリスペクトし合い、チームワークを強めることが大切だと考えています。

チームワークの維持・強化の一環として、UNICOでは「環境整備監査委員」というプロジェクトを定期的に行っています。各部署から1名ずつ人員を募ってチームをつくり、茨城、東京、宮城、神奈川の4つの拠点の職場環境を監査していくというものです。監査といっても、できていないところを指摘するのではなく、優れたポイントを見つけて褒めるということを実施しています。こうした社内プロジェクトを展開していくことで、部署の垣根を越えて社員同士の結束力を高め、お互いの視点を理解し合い、同時に社内環境を向上させよういうものです。

さらに中長期戦略の一環として「デザイン」にも力を注いでいます。製品のデザインはもちろんのこと、オフィスビルや社用車、カタログ、ノベルティに至るまで、私たちが世の中に送り出すすべてのものは、高いクオリティのデザインでご提供していきたいと考えています。デザインにこだわることは、単にブランディングというだけでなく、レピュテーションの向上、ひいては企業理念のカスタマー・サティスファクションにもつながると考えているからです。

こうしたUNICO独自の強みを活かし、私たちはこれからも新たな分野への挑戦を恐れることなく、成長し続けていきます。

物事の全てはバランスである

UNICOでは、「関わるすべての人を幸せにする」ために、お客様の為として製品の品質・サービス向上への取り組みと同時に、社員の為になる事として、ワークライフバランスや働きやすさを向上させるための取り組みも実施しています。

例えば2018年から「シエスタ制度」というものを導入しました。従来、昼休憩は1時間でしたが、「昼食を取るだけではなく、昼にしかできない用事を済ませたい」「食後に身体を休める時間が欲しい」といった社員の声に応え、希望者はプラス30分の休憩時間を取れるようにし、その分定時が繰り下がるようにしました。

また、産休や育休、長期有給休暇の取得なども推奨しています。人が生きていく上で仕事は とても大切なものです。仕事と同時に家庭と自己のバランスが取れなければ人は幸福感を得られません。社員にもより良い生活を送ってもらい、幸せになってもらうための福利厚生を、今後も色々と考え充実させていきたいと思っています。

お客様のためにも、自分のためにも「掃除の時間に掃除をするな」

私は常々、社員に対して「掃除の時間に掃除をするな」ということを説いています。日頃から身の回りを整理整頓していけば「掃除の時間」という余分な時間は発生せず、その分の時間を有効的に活用することができるのです。すなわち、「後回しにしないで先回りをしていくことで、いろいろな世界を見られる」ようになるのです。

この言葉を常に頭の中に入れておくと、仕事の中で何か突発的な事態が発生してもスムーズに対応することができますし、一方で自分の身体や心をリフレッシュさせることも可能になります。「余裕をつくる」、という考え方と行動を、通常のスタンスにするという事です。ですから、当社で働く社員には、自分自身のためにも「掃除の時間に掃除をするな」という言葉に続く部分を読めるように成長していってもらいたいと思います。

求めるのは「まだ見ぬ未来を積極的に変えていく」仲間

今後もお客様の求めるものをご提供し続けていくのはもちろんですが、UNICOは、よりお客様の想像を超えるようなプロダクトを創り上げていける会社になりたいと考えています。チャレンジには当然ながらリスクは付き物です 。しかし、リスクを恐れることなくチャレンジしていくことが会社の成長につながり、ひいては最初に述べました通り、我々に関わるすべての人々の幸せにつながると信じているからです。

こうしたチャレンジを成功させていくには、「自ら積極的に未来を変えていく」という意思を持った、チャレンジ精神と行動力のある仲間が必要不可欠です。新しいこと、おもしろいことに挑戦したいという意思を持っていれば、たとえこの業界を知らない方や、特別なスキルを持っていない方であっても、私たちは歓迎します。 今の自らの選択・決断が、未来の自分をつくります。私たちと一緒に、まだ見ぬ未来の社会と、未来の自分を変えていきませんか?

UNICO社長のプライベート編

【基本情報】
茨城県守谷市在住
家族:妻、子
性格:起きたら家に居られない、買い物で同じ場所にずっと居るのが苦手、持つモノへの拘りは結構ある
趣味:『スノーボード(イントラ有資格者)』『クルージング(小型船舶操縦士)』『旅行』『長距離ドライブ』『温泉』
好きなアーティスト:『BENI』『福山雅治』
好きな映画:『犬と私の10の約束』『男たちの大和』
好きなもの:『飛行機』『空港』『お酒(白州ハイボール、ビール、赤ワイン、日本酒など)』
好きな食べ物:『たこの刺身(たこ料理)』『餃子(妻の作る)』『うなぎ(川豊)』『お刺身』『麻婆豆腐』
プライベートでよく行くエリア:『銀座(都心3区)』『成田市』『猪苗代町』『スプリングバレー泉高原(仙台市のスキー場)』